NINE-NATION JOURNEY

海外駐在、就職活動、転職、外資系企業、マーケティング、ビジネススキルに関して学んだ事を書いていきます。毎週末更新します。

チームの力を信じる事の大切さ

皆様こんばんは!忙しすぎて全く仕事が追いついていなくて焦っています。今週は土日も仕事なので最近はなかなかの社蓄っぷりを見せ始めています。

 

さて、例のごとくタイトルは大きく出てみました!「チームの力を信じる事の大切さ

」です!

 

まず初めてに皆様にインプットしておきたいのが「外資系って個人能力が優先されるからチームプレイとか言いつつも結局は個人プレイなんでしょ~?」という偏見は間違っていると言う事です・・・あ、すいません、そんな偏見持っていませんでしたか?実はこれ、外資系企業に転職する前に私が持っていた偏見です。

 

外資系企業は得てして縦割りの構造ですので、それぞれの部署の役割と責任(Role and Responsibility)が明確です。ちなみに私はマーケティング部署にいますが、マーケティング部署だけで完結する業務も勿論ありますが、業務大部分はCross Functionalですので、マーケティング部署だけでは完結しません。

 

但し、ビジネスオーナーはあくまでマーケティングですので、前述の内容と矛盾してしまうのですが、極端な話、マーケティングだけで完結させようと思えば完結させることも出来ます。いわゆる三ちゃん企業の社長の裏技「えい!やぁ!」ですね!

 

ただ、マーケティングはビジネスオーナーです。ビジネスオーナーって一番の責任はビジネスを拡大させる事ですよね?

 

そうなりますと考えるべき事は「ビジネスを拡大させるためにベストな方法は何なのか?」をという事になります。これに関しては業界によって全くアプローチの仕方もティップスも異なるとは思います。ただ、共通していえる事は「チームの力を信じる事」という事だと僕は考えています。

 

「いや、僕はマーケティング、営業、経理、カスタマーサービス、流通全て経験した事あるから全部できるし、自分で全部判断できるよ!」というスーパーマンな人も中には入るかもしれませんが、先ほど述べさせて頂いた通り「一番の責任はビジネスを拡大させる事」である限り、全部自分で判断できると言う人でも身体は1つ、頭は1つ、考え方は1つですので、あくまで「こなせる」であり、「達成する」ではないと僕は考えています。

 

もちろんビジネスの世界で仕事を「こなす」事は非常に重要な事です。まあテスト言うなら100点としても良いかもしれないですね。それでも100点です。ただ「達成する」というのはそこからさらに踏み込んだレベルであると思います。

 

ビジネスの世界には120点も140点も存在します。何故なら質を突き詰めていけば、効率を突き詰めていけば無限にどこまでもいけるからです。そしてビジネスオーナーは常に120点や140点を目指さないといけないと僕は考えています。

 

そして140点を目指すときに一番大切なのが「チームの力を信じる事」であり、逆に言えば信じれる事こそがビジネスオーナーたるマーケティングのプロフェッショナルとしての条件とも言えるのかもしれません。そして100点以上の成績は、個人の力では成し得ないものであると僕は断言できます。

 

今回は私自身がマーケティングなので主語がマーケティングやビジネスオーナーになりましたが、実際セールスでも経理でもマネージャークラスや、一人でも部下や一緒に働く仲間がいる人は同じ事が言えると思います。

 

ちなみに前職で海外駐在していた時のチームは大きな括りでみると、

 

1. 日本本社の研究開発部署

              +

2. 海外事務所営業

              +

3. 現地代理店

              +

4. 現地の町の小さな販売店

 

という構造でした。国によってはこのチームが機能している場合と機能していない場合がありましたが、①~④が顔交わせるパーティーをしたり、頻繁にミーティングを行っている国はやっぱりビジネスがグングン拡大していましたね!

 

ちなみに最後にこんな事書いちゃうなんて反則かもしれませんが、これはあくまで個人個人がプロフェッショナルとしての技量と責任感を持っているときの話ですので、一人でもマイナスな人間がいるとたちまち状況は悪化します。

 

ビジネスは掛け算ですので、チームに一人でもマイナスがいると結果もマイナスになる、という事ですね。

 

最終的にはいつも通りまとまりの無い文章になっておりますが少しでも共感してくださる方がいれば幸いです♪

 

P.S

全然関係ないけど最近読んだチームに関する面白い本です!

 

TEAM OF TEAMS (チーム・オブ・チームズ)

TEAM OF TEAMS (チーム・オブ・チームズ)

  • 作者: スタンリー・マクリスタル,タントゥム・コリンズ,デビッド・シルバーマン,クリス・ファッセル,吉川南,尼丁千津子,高取芳彦
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/04/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る