NINE-NATION JOURNEY

海外駐在、就職活動、転職、外資系企業、マーケティング、ビジネススキルに関して学んだ事を書いていきます。毎週末更新します。

メキシコで漁師するかハーバードビジネススクールでMBAとるかの話

皆様こんにちは!

下記、ネット上で一時期ブームになったアメリカンジョークです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。

その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」

と答えた。旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」

と言うと、

漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」

と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、 女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、 歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、 きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、 漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。 お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。 その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。 そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。 自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。 その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、 ロサンゼルスニューヨークへと進出していくだろう。 きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、 日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、 子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、 歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 このアメリカンジョーク、個人的には大好きです。「お金は手段であって目的ではない」という事を凄く上手に皮肉に説明していますよね。拝金主義の現代社会においては考えさせられる事も多いのではないでしょうか?

 

 昔の会社の上司が、「人間なんて立って半畳、寝て一畳」とよく言ってましたが、確かに人間なんて死んでしまえば億万長者もホームレスも同じ、肉の塊になるわけですよね。

 

 このアメリカンジョークに対して結構色んな人が自分なりの考察を書いていて、それに触発されて僕も少し書いてみたくなったので書かせて頂きますね。

 

 面白い事にこのジョークに対する考察の多くが、「最終的に同じゴールだとしてもそれまでの経験がちがうじゃないか?」であったり、「向上心を持って生きた人生の方が価値があるのではないか?」といった、どうにもこうにも「人生は何かを生み出すもの、向上していくもの・・・」のような内容ばかりで、結局のところ目的は「自分自身の成長」っていう、自分自身の枠から抜けれてないような気がするんです。まあ、かくいう僕もそこに対しては大賛成ですし、基本はその考えと変わらないのですがこのアメリカンジョークが言いたい事ってそういうことだったんですかね?

 

 ハーバードでMBAを取得したビジネスエリートもメキシコの漁師も最後は自分自身の家族が友達といった、Unconditional Loveなところを目的としている分けですよね?

 

 であれば僕はこのジョークは、「向上心を持って日々努力を惜しまず頑張れば必ず成功できる。但し目の前の成功や利益に捉われて、本当に大切なものを見失わないようにしなさいね」ってことを教えてくれているように感じるのであります。

 

 結局のところ人生はバランス感覚なのかもしれませんね!

 

って書いてたらセネカの「生の短さについて」を思い出しました!

 

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)